interview01

インタネットマーケティング

システムユニット

HYEONJAE / サブマネージャー(写真右)

自分の開発技術と会社が一緒に成長する

自分の開発技術と会社が一緒に成長することが感じられることが仕事の魅力ですね。やはり、決まっている仕事のみすることより会社のシステムを安定できるよう自ら探して新しい技術を試したり、既存のシステムを改善したりすることでやりがいを感じています。技術としてはウェブクロール、AWS(Amazon Web Service)のインフラで構築する自社の特徴があるシステム(SSPとか広告表示システム)、Node.jsやHadoopのSparkなどがあります。サービスを運用するために外部の業者さんとの折衝や営業から営業力も学ぶことができました。一番嬉しかったのは営業の人から私が作ったシステムを使っているメディアが喜んでいると聞いたことです。最近、家でスマホからネットで何かを調べるときに私が開発した広告の表示方法が出るサイトが増えることを感じまして、本当に世の中に影響のあるサービスを提供していると感じました。だからこそ責任感を持って、もっといいものを作れるようにと自ら思うことができます。

interview02

ビックデータ分析をして自動収益最大化などを想像する

仕事するほど会社のビジョンが良くて、早めにシステムを開発して次の開発を進めたいと常に思っています。今後のサービスする、自社のSSPやアドネットワーク、ビックデータ分析をして自動収益最大化などを想像することでも面白いですね。今後の開発するビックデータを利用した収益最大化は個人的に興味がありますので期待しています。また、韓国人なので中長期として自分が作った広告システムを韓国やグローバル進出させたいと思っています。(笑)

interview03

入社2年でサブマネージャーへ。評価とインセンティブの心配せずに仕事に集中

入社の2年ぐらいにサブマネージャーになったので、自分が好きな開発や仕事の成果が出ますとインセンティブと評価は自分も知らずに上がると思います。心配せず仕事に集中できる環境だと思います。普通の開発者は学べない、広告の流れなど広告システムを作りながら、多くのアクセス対応できるシステム開発などの経験ができますので仕事に対して魅力を持っています。必要な技術を学ぶためのセミナーに行っても全然いいし、仕事に必要なソフトウェアがありますと前向きに検討して、使えるようになりますので仕事の環境はいいと思います。入社したら27インチモニターとMacBook Proで開発をします。基本、AWSのインフラで開発していますので興味を持っている方は技術を共有しながら是非一緒に開発したいと思います。

interview04
Top